54GOLF CAMP - 2015

54GOLF AUTAMUN CAMP 2015 Season V

Day1 11月21日

  今年の秋キャンプの第3弾は房総CCで開催されました。スケジュールは7時練習開始、、8時からラウンドスタートです。初日はジュニア4名の参加となりました。来春に東洋英和女学院大学に進学が決まったサトウモエミさん(高校3年)と先週のJJGA予選を夏以来の試合として参加し、優勝したアイハラリョウヤさん(中学3年)と小学生のハルカさん(3年)とゴウキさん(4年)でした。ラウンドはいつものようにビデオ撮影をしながら各人のプレーの特徴を抑えながらチェックしていきます。基本的にはルーティン攻め方に関してはかなり、細かくチェックします。ラウンド後は先ずはパッティング。60分各人のストローク矯正に時間を割きました。その後、状況別にアプローチグリーンでショートゲームレッスンです。16時00分よりレンジで仕上げの練習です。Trackmanを使用して17時過ぎまで打ち込みます。このようにフルで練習する事により、徹底的にレベルアップを図ります。夕食から大人チームも合流しました。

Day2 11月22日

キャンプ2日目は5時45分起床。6時30分朝食です。気持ち良いですね。参加者も朝食を食べている時からテンションが凄く上がります。この日も7時より練習開始しました。この日からは大人チームも合流し、小学生チームと大人&高校3年チームの2組となりました。佐々木勇プロも合流したのでより賑やかです。そして、昨日に続きグリーンコンディションも最高です。8時よりラウンド開始。ラウンドではスイング的課題やルーティンの確立、そして、コースマネージメントやクラブ選択と多くの項目をチェックします。ラウンド後は早速、パターレッスンです。ストローク矯正やタッチを磨く練習を行いました。次にアプローチのシーン別にレッスンです。この日も日没まであっという間でした。

Day3 11月23日

あっという間の3日目、そして、2015年も例年同様多くのキャンプを開催致しました。タイキャンプを1月1日から開催しました。そして今日が2015年キャンプメニュー最終日です。朝7時より開始して8時よりラウンド致しました。ゴルフにおいての優先順位はそれぞれが違います。これはキャンプの参加理由にも違いが有ります。ジュニアゴルファーの場合は礼儀やマナーを優先してほしい保護者の方、個別スキルを優先してほしい保護者の方。大人ゴルファーもとにかく、スコアメイクを習いたい方、バンカーを優先したい方、1Wを優先したい方。そう考えるとキャンプはあらゆるニーズに有効です。年間通して、複数回キャンプを利用される方はその効能を感じているはずです。ラウンドでは全ての項目を撮影し、後日、編集し、各人がネット配信により確認できます。また、ラウンド後はとことん、練習漬けです。最終日もチッピング、バンカーととことんやりました。2015年も誠に皆様、ご参加ありがとうございました。来年はK2 CAMPが1月3〜6日、Winter Campが1月10〜11日、Hia Hin Camp(タイ)が2月10〜14日まで開催が決まっております。ぜひ、皆様、ご参加お願い申し上げます。

54GOLF AUTAMUN CAMP 2015 Season U

Day1 10月11日

  今年の秋キャンプの第2弾は房総CCで開催されました。スケジュールは7時練習開始、まずはラウンド前のウォーミングアップでした。ここで各人のコンディションを聞き出すのも良いキャンプにしていただく大切な準備です。今回は2組に分かれ、第1組はアダルトチーム。第2組はジュニアチームでした。ラウンド後は先ずはパッティング。たっぷり2時間です。ラウンドでの反省点はもちろんですが総合的なスキルアップの場にしたいからです。そのあと、状況別にアプローチグリーンでショートゲームレッスンです。17時までたっぷりやりました。あっという間の10時間でしたね。このようにフルで練習する事により、徹底的にレベルアップを図ります。質と量、それを両立するのがキャンプですね。

Day2 10月12日

この日は快晴となりました。そして、グリーンコンディションも最高です。5時45分起床。6時30分朝食です。この日はジュニア4名の参加でラウンド開始。2日目という事もあり、各人が初日の反省を踏まえテーマを持ち、ラウンドしました。ラウンド後はパッティングのレッスンを行い、日没までチッピングレッスンです。ショートゲームの練習は非常に重要ですがこのパートこそ、プロフェッショナルと一緒に行うべきです。基礎的な打ち方から状況判断まで非常に多岐に分かれます。ジョーダン・スピースは今のコーチに11歳から、ローリー・マキロイは9歳から同じコーチに習っています。決して現在の成功は偶然では無いように思います。今回もあっという間のキャンプとなりました。秋キャンプ第3弾は11月21〜23日開催となります。ぜひ、ご参加ください。

54GOLF AUTAMUN CAMP 2015 Season T

Day1 9月19日

  今年の秋キャンプの第一弾は房総CCで開催されました。スケジュールは7時練習開始、まずはラウンド前のウォーミングアップです。その後、レンジでのレッスンを終えて、8時からラウンドスタートです。ラウンドはいつものようにビデオ撮影をしながら各人のプレーの特徴を抑えながらチェックしていきます。基本的にはルーティン攻め方に関してはかなり、細かくチェックします。ラウンド後は先ずはパッティング。傾斜を測り、そのうえでライン取りを教えることから始まります。ラウンドでの反省点はもちろんですが総合的なスキルアップの場にしたいからです。そのあと、状況別にアプローチグリーンでショートゲームレッスンです。17時00分よりレンジで仕上げの練習です。Trackmanを使用して18時過ぎまで打ち込みます。このようにフルで練習する事により、徹底的にレベルアップを図ります。量と質、どちらも欲張りです。この日も11時間ゴルフをひたすらやりました。

Day2 9月20日

この日も快晴となりました。そして、この季節の特徴ですが日に日に湿度が下がり、グリーンコンディションも最高です。5時45分起床。6時30分朝食です。気持ち良いですね。参加者も朝食を食べている時からテンションが凄く上がります。この日も7時より練習開始。8時よりラウンド開始。2日目という事もあり、各人が初日の反省を踏まえテーマを持ち、ラウンドです。14時からは100分パッティングレッスンです。ここでは3%のスライス傾斜4y、2%のフック傾斜7y、2%のフック傾斜21yという具体的な状況別にライン取りとリーディングを説明しました。次の100分はアプローチグリーンで過ごします。3yキャリーのソフトロブは打ち方を説明し、あとは状況別にアプローチ戦です。これが効果的なのです。遊びのようでまるで違います。もちろん、私も混ざってやりますよ。そして締めは日没までTrackmanを使用しての1W特別講習でした。これも効果てきめんですね。やる時やるのは重要です。この日も11時間、ゴルフしましたよ。

Day3 9月21日

この日も前日までと同様、朝7時より開始して8時よりラウンド致しました。今日は学会を終えてO様が参加してくれました。ラウンドは本当にこの連休の天気は恵まれ最高でした。ラウンド後は0.5%のスライス傾斜4y、3%のフック傾斜8yとリーディングの講義とタッチの出し方。そして、各人のストローク矯正を行いました。出球の管理やストローク矯正は非常に重要な練習になります。アプローチグリーンに移動してからは状況別に競いながら練習しました。今回のキャンプの締めはバンカーレッスンです。バンカーは打ち方を学べば非常に楽しい練習の一つになります。今回も皆様、ありがとうございました。次回は10月11&12日になりますのでご参加お待ちしております。

54GOLF SUMMER CAMP 2015

Day1 8月13日

  今年のSUMMER CAMPは房総CCで開催されました。今年は54GOLF CLINICが14年目ですから14回目の夏となるわけです。今年も初日から6名の参加者が集まってくれました。スケジュールは7時30分練習開始、まずはショートゲームレッスンです。その後、レンジでのレッスンを終えて、9時30分、2組でラウンドスタートです。佐々木勇プロと星野が2組に分かれ、前半後半で入れ替わりプレーします。14時30分よりショートゲームレッスンを開始。ラウンドでの反省点はもちろんですが総合的なスキルアップの場にします。17時30分よりレンジで仕上げの練習です。Trackmanを使用して18時45分まで打ち込みます。このようにフルで練習する事により、徹底的にレベルアップを図ります。量と質、どちらも欲張りです。

Day2 8月14日

この日も快晴となりました。涼しい風が吹く中、5時45分起床。6時30分朝食です。気持ち良いですね。参加者も朝食を食べている時からテンションが凄く上がります。この日も7時30分よりショートゲームレッスンです。徹底的に行います。8時45分よりレンジで打った後、9時30分ラウンド開始。この日のトップはヒロキ(開志国際1年)の75、2位はハルカ(中学3年)の76、ゴウタ(小学6年)の76と続きました。ラウンド終了後は少し、休憩を入れ、15時〜17時30分までショートゲームレッスンでした。ここではゲームを取り入れてスキルだけでなく実戦形式を重要視したメニューで行いました。元気のある男子チームはこの後、日没までTrackmanを使用しての1W特別講習でした。これも効果てきめんですね。やる時やるのは重要です。ここまでやると皆が夜は21時まで起きていられません。

Day3 8月15日

この日も前日までと同様、朝7時30分より2時間の練習時間を割きました。ショートゲームを75分とショットとパターを45分です。この日のトップはゴウタ(小学6年)の70、2位がケイン(成城学園中学1年)の75、3位がヒロキ(開志国際高校1年)の77、4位がゴウキ(小学4年)の78でした。6人中4人が70台ですから決してレベルは低くありません。切磋琢磨とはこのことです。ラウンド後のショートゲームレッスンでもゲームをしながら時間を感じさせないくらい皆が楽しく、スキルアップできました。元気な男子高学年チームはTrackmanでまた、日没まで。小学生チームは日没までパッティングレッスンでした。皆が朝から日没まで必死でやるのでコーチ陣達はもちろん、付き合いますよ!

Day4 8月16日

この日は薄曇りで朝の2時間の練習は25度くらいでした。ヤーデージを一緒に歩測して、そこからゲームを始めます。習慣をつけることは非常に重要です。日本では距離測定器を試合に持ち込めないですから歩測を出来るようになることは大事なスキルです。この練習を終えた後はレンジで打ち、9時30分よりラウンドを致しました。4日間のラウンドは全て映像におさめ、キャンプ終了後、編集して各人がいつでも見られるようにアップロードされます。自分の映像を確認することは非常に重要です。また、その軌跡を残しておけば必ず、将来のヒントになるのです。ラウンド終了後、最後までウエッジショットの練習を徹底的に行いました。これはある意味ではフィロソフィーです。ゴルフ上達はショットではなくショートゲームです。ショットは虎ノ門で十分できます。ですがゴルフ場で必要なスキルはその3割までしか出来ません。だからこそ、54GOLF CLINIC14年目の夏もゴルフ場で朝から晩まで練習をしました。さぁ、15年目の来年、また、お会いしましょう!

54GOLF CAMP in Kushiro 2015

Day1 7月17日

  今年の北海道CAMPは釧路にある阿寒CCで開催されました。関東地方が熱中症を危惧するほどの暑さの中の北海道キャンプは毎年好評です。最近の千歳方面は暑いので帯広で開催していましたが今年は昔、毎年、釧路オープン出場の為に訪れていた阿寒CCでの開催となりました。今年の天気予報も完璧なので朝から良い空気が流れていました。最高気温は何と22度!これなら朝からチッピングの練習も楽しくできます。 練習後のランチはイカ生姜丼!これが美味しい!まさに北海道キャンプです。
ラウンドは午後からの18Hスループレーで丹頂&ピリカをプレーしました。ホテルは露天温泉付きですので朝からの旅の疲れを癒し、夕飯に出撃です。この日は釧路の名店【都寿司】へ。帯広の辰巳巻きに対抗して特製極上都生太巻をいただきました。その他、刺し盛りに握りと沢山いただきました。その後、締めのラーメンは【かわむら】へ。どんなに食べるのだというのも北海道キャンプの魅力の一つですね。

Day2 7月18日

朝方は薄曇りでその後、快晴となりました。またまた、最高気温22度で気持ち良いですね。この日はサークル100ならぬサークル31から始まりました。パッティングレッスンです。真夏のパターレッスンは関東では難しいので釧路ならではですね。その後、レンジで猛練習。これが出来るのもまさに北海道!!
ランチ後の18Hスループレーはもちろん、撮影しながらですがまりも&丹頂をプレーしました。初日より、良くなっている手応えが嬉しかったですね。 夕食は三九の2代目おかみに会いに行きました。花咲蟹をプレゼントしてくれました。美味しい北海道の味を堪能しました。締めのラーメンは【かど屋】へ。美味しい食事と美味しいお酒でこの日もゴルフ談義が絶えない一日となりました。

Day3 7月19日

 この日も天気は最高、快晴です!朝からAttack 25,Circle 48と満喫です。その後、グリーン周りは砲台グリーンを想定して実戦形式で練習を行いました。そしてレンジでは各人の課題が3日目ともなると明確なので徹底克服です。この日は丹頂&ピリカをプレー致しました。ラウンドは初日からバンビが随所で見られるので本当に優雅な気持ちにさせてくれます。また、コースは最高で日本オープンを十分開催できるコースですね。お客様のゴルフに刺激を受け、星野自身も後半は最終ホールまで−6、最後バーディーで29というプレーでした。残念ながら達成は出来ませんでしたがお客様が喜んでくれ星野も充実しました。
この日は大将のからかたく口止めをされているので店名は非公開ですが、釧路の名店にお肉を食べに行きました。黒毛和牛A5 BMS 12も特別に開封していただき食べさせていただきました。全てが口の中で蕩けてしまうお肉でした。来年も伺うことを約束しました。

Day4 7月20日

 最終日は朝6時45分より練習です。この日はいつもとルーティンを変え、朝の18Hスループレーとしました。朝の7時30分よりスタートしてこの日は最高気温20度。なんと清々しい天気でしょうか。ラウンドは仕上げのプレーですから最も集中したラウンドとなりました。ラウンド後は2時間30分の打ち込み、これは凄かったですね。まさに54GOLF CLINICらしい締めの練習でした。この練習により、今回の北海道キャンプの全スケジュールを終えました。
素晴らしい天気、素晴らしいコース、素晴らしい食事、素晴らしい温泉。来年も釧路で決まりですね。夏の風物詩、北海道キャンプ、今年もご参加ありがとうございました。

54GOLF GW CAMP 2015

Day1 5月2日

 今年のGW CAMPは房総CCで開催されました。ゴルフシーズン真っ只中のGW CAMPは毎年好評です。今年の天気予報も完璧なので朝から良い空気が流れていました。先ずは初めてコースをご一緒するKさんもいたので近況を確認しながら朝練をレンジで始めました。ラウンドはビデオ撮影しながらキャンプ終了後に確認できるようにしています。ラウンド後はショートゲームをたっぷり行いました。そして、コースを利用してTrackman でのData計測を行いました。これは意外に緊張感があるので実戦に近い雰囲気をつくれます。まさに一人では出来ない練習です。

Day2 5月3日

 この日も快晴となりました。気持ち良いですね。参加者も朝食を食べている時からテンションが凄く上がります。前日からの課題を少しでも解消できるように朝のレンジではお話をしながら練習していただきました。ラウンドはこの日は星野も一緒にプレー致しました。それにより、イメージを変える目的が有ります。
 ラウンド後のショートゲームレッスンは打ち方から状況判断までシーン別に細かくやります。年間を通してラウンドレッスンやキャンプをしているとアマチュアの皆さんはどうしてもアプローチの種類において選択肢が少なく、状況判断も単調になりやすいです。オプションを増やせるようにしていくことは非常にゴルフには重要です。この日もTrackmanでの練習を行いました。これは参加者全員に大好評です。

Day3 5月4日

 この日から大人チームのメンバーが入れ替わり、2組での開催となりました。54GOLF CLINICの南本も参戦し、更に賑やかになりました。ラウンドをしながら気付いたところはビデオに収め、そして、ショートゲームは直ぐにラウンド後、レッスンです。また、1Wショットに不安がある方は多いのでTrackmanを使用して風やホールを見ながらData計測することは非常に有益な情報をお客様もインストラクターも得られます。このような練習方法はまさに54GOLF CLINICにとっても重要な進化でした。
 そして、そのような話を元にゴルフコースロッジで夕食をいただきながら、お酒をいただくと非常に盛り上がります。ゴルフ談義はゴルフレッスンの一環かもしれません。

Day4 5月5日

 素晴らしい天気には変わりは無いですがこの日は風が強く、そのあたりは皆さんがゴルフするうえで重要な要素になっていました。
 この風が吹くと距離の計算が難しくなります。一概にマイナス10Y、プラス10Yというわけにいきません。また、チッピングやパターにも影響するのが難しいですね。ラウンド後のTrackmanデータ計測はアゲンストでの計測を行いました。ほとんどの方がアゲンストを不得意としますからこれは重要なのです。そして、バンカーレッスンもみっちりやりました。キャンプの良いところは宿泊することにより、帰宅を考えなくてよいことがあげられますね。環境は大事です。もちろん、この日も夕食はゴルフ談義で盛り上がりましたよ!

Day5 5月6日

 2015年GW キャンプ最終日の5日目です。第1組目はジュニア組。第2組目は大人組。ここも54GOLFらしいでしょうか。ジュニアはジュニアで真剣。大人は大人で真剣です。ジュニアは直ぐに大人になります。ですので早目に紳士の方達と接することにより、ゴルフだけでなく、紳士の所作を目にすることにより確実にプラスになります。これはゴルフの長所だと思います。ジュニアゴルフだけに偏るとそこは良くありません。さて、ラウンドはいつものようにビデオ撮影しながらはっきりとした目標を持ってプレーしていただきました。ラウンド終了後はレンジにアプローチグリーンに練習をしっかり行いました。最後まで練習しっかりです。本年のGWキャンプもたくさんの方々にご参加いただきました。また、次の北海道キャンプ2015でよろしくお願い致します!

54GOLF SPRING CAMP 2015

Day 3月21日

 今年のSpring Campは房総CCで開催されました。今年も4月からのゴルフシーズン前に皆さん、準備のため参加されました。
朝の集合からショット練習して早速、大上Gを18Hプレーしました。各組合計3組にプロが入り、そして、ビデオ撮影しながらのラウンドとなりました。ラウンド終了後はTrackmanでのData計測を行いました。打ちおろし、左からサイドウィンド、左OBという状況ですがこういう実践的な練習が効果出るのです。例えば自分のナイスショットはどの位の風の影響を受けているか数値化されることは非常に理解が深まるからです。また、チッピング、バンカー、パッティングと54GOLF名物となった練習をたっぷり皆さんにやっていただきました。

Day2 3月22日

 この日は快晴となりました。気持ち良いですね。この青い空に向かってのフルスイングはゴルフの魅力の一つでは無いでしょうか。前日のラウンドを参考にして各スタッフが見つめる中、皆さん、真剣にプレーされていました。この雰囲気は素晴らしいです。大事なことはゴルフでは多項目にわたるゴルフ要素をバランスよく、分析し、各要素をブラッシュアップすることだと思います。結果、ゴルファーはレベルアップします。
撮影は虎ノ門同様、背面からの撮影も行います。これは非常に新しい気付きになります。キャンプ終了後、参加者の皆さんには必ず、専用ページから動画を見られるようにしています。ここもキャンプの良いところかもしれません。その場のアドバイスはわかったような、わからないような気がしますが後日、自分のプレーしている姿を見て、そこにアドバイス等が入り、編集されていると理解度が違います。また、ラウンド終了後はパターを90分以上やりました。もちろん、締めのチッピングも。最大で50Yまでを行いました。今回も皆様、ご参加ありがとうございました。次回の国内キャンプはGWキャンプになります。奮ってご参加ください!

ページTOPへ